介護に絶対必要な介護用品を買い揃えるために

保険適用について

保険適用だと手術費はそれほど高くはない。

しびれが走るような傷み。まさにヘルニアによる神経の刺激です。これを根治するにはヘルニア手術を選択する事になります。 健康保険が適応できる内視鏡を使ったヘルニア手術だと10万円ぐらいです。この手術は切開も小さく、患者への負担が少ないので長期の入院が必要ないのもポイントです。そのため、手術費以外の費用負担も少なくて済みます。 ただし、内視鏡手術はある種の職人技なので、手術成績の良い名医がいる病院でヘルニア手術をうけるべきです。名医だがら手術費用が高いなどということもありません。 また、レーザー手術という方法も現在あります。残念ながら、こちらは健康保険の適用外となっております。したがって、手術費用は全額自己負担となり病院によって異なります。大体30万から60万ぐらいの費用がかかります。術後の結果によっては手術費用の半額を返金するような制度を取る病院もあります。

内視鏡手術で患者の負担は減った。

昔、まだ内視鏡の性能が低く、それを使ったヘルニア手術などが普及する前。その頃のヘルニア手術はかなり大変でした。 具体的には、全身麻酔をかけ、患部を大きく切開して出っ張りを削り取るような方法です。リスクも結構あるので、なるべく手術はしないで、温存療法が積極的にとられていました。それでもどうしても良くならない場合、ヘルニア手術の名医を紹介してもらって手術し、リハビリをこなし、社会復帰というパターンでした。 今は、内視鏡手術というものが普及したので患者の負担も減り、希望すれば温存療法などの回り道をせずに内視鏡ヘルニア手術の名医を紹介してもらえるようになりました。 ただし、内視鏡手術は昔の手術よりもさらに高度な職人的技術が必要です。狭い限られた視野内で手術をするのですから、まさに本当の名医でないと出来ないのです。

Copyright (c) 2015 介護に絶対必要な介護用品を買い揃えるために all reserved.